開運 GOoD FORTUNE ☆ 幸せがいっぱい ☆


  • 神社・仏閣をご紹介しています

スポンサードリンク




東国三社の一つ、息栖神社では井戸を覗き込むと幸運が舞い込むかも?

こんにちは、開運サポーターの”まい”です。「開運して幸せになりましょう☆」という、私お薦めの情報をご紹介しています。

茨城県神栖市にある息栖神社は鹿島神宮、香取神宮と並んで東国三社の一つにかぞえられています。

他の二つが「神宮」で、有名であるのに対して少しマイナーな感じがする息栖神社ですが、鳥居の足元にある井戸を覗き込むと幸運をGETできるかも、と聞いたら行きたくなりますよね。

息栖神社のご祭神

息栖神社の御祭神は久那戸神(くなどのかみ)です。香取神宮のご祭神・建御雷大神(たけみかづちのおおかみ)と香取神宮のご祭神・経津主大神(ふつぬしのおおかみ)が、大国主命から国譲りを受けた際に、東国平定への先導をされた神様と言われています。

それで東国三社にかぞえられているのですね。鹿島神宮で12年に一度行われる式年大祭・御船祭(みふねまつり)では今も御座舟の先導をしているそうです。

「こちらのお方をどなたと心得る、鹿島神宮の建御雷大神にあらせられるぞ、控えヨロォ」と、格さんのように言いながら川を進むのでしょうか・・・。

ちなみに息栖神社には天鳥船命(あめのとりふねのみこと)、住吉三神も祀られています。息栖神社に祀られている神様は、いずれも船や水に関わっており、航海・交通の安全にご利益があるとされています。

息栖神社の見どころ①忍潮井の井戸

息栖神社の境内に入る鳥居の真向かい、利根川沿いに鳥居があります。これが一の鳥居になります。駐車場からそのまま境内に行ってしまうと気付かないかもしれません。

近くまで行くと鳥居が三つ立っています。左右の小さな鳥居の足元には井戸があり、これが忍潮井(おしおい)の井戸です。

この井戸からは真水が湧きだしているそうで、日本三霊水の一つになっています(他は伊勢の明星井、伏見の直井)。

大きい鳥居の方が「男瓶(おがめ)」、小さい鳥居の方が「女瓶(めがめ)」と呼ばれており、いずれも水中の土器から清水が湧き出ているのですが、水が澄んでいる時しか瓶は見えません。


(男瓶 魚の下に瓶が見えます)


(女瓶 瓶の丸いフチ?が見えます)

この瓶を見ることができたら幸運が訪れると言われているのです(見えて良かった~)。

昔は女瓶の水を男性が、男瓶の水を女性が飲むと結ばれるという言い伝えがあったので、縁結びの穴場スポットともなっているようです。

現在は忍潮井の水は直接飲めませんが、境内の手水舎の奥にある湧き水はお潮井と同じ清水ということで、お水取りができるそうです。

息栖神社・境内

鳥居をくぐるとまず左側に稲荷神社があります。赤いほっかむりをしたキツネがユニークですね。

ちなみに稲荷神社の周辺には猫が多数出没しています。慣れているのか逃げたりはしないで、気ままに歩いたりゴロゴロしていますので、しばし猫に癒されてから真っ赤な門をくぐります。

立派な門をくぐった左側には力石があります。二つの神宮には要石がありますが、こちらはそれとは関係ないようで、祭礼の際に力比べて使われた石ということです。

正面には静謐としたお社がありますが、一度昭和の時代に焼失してしまい再建された社殿のようで比較的新しい感じがします。ちなみに先ほどの赤い立派な門は江戸時代からそのままだそうです。

息栖神社の見どころ②御神木

社殿の左側にある樹齢1000年の御神木は、幹が二つに分かれいていることから夫婦杉と呼ばれています。


(緑のモヤみたいなのと線が入っていますが、二つの神宮でも何枚か同じような写真が数枚ありました(゚Д゚;) )

また、御神木ではありませんが右側には「おがたまの木」があります。一円玉に描かれている木ですね。こちらの木からもパワーを頂けるそうです。

息栖神社は東国三社のひとつで、近年訪れる人が多くはなりましたが、二つの神宮に比べると混雑というほどではないようです。

なので静かな空間でゆっくりと清々しい氣を取り込みたいですね。

息栖神社のおすすめ・東国三社守り

息栖神社は東国三社のひとつということで、三社を巡ると完成するお守りというのがあります。どこの神社から回っても良いのですが最初の神社で本体を購入し、残りの二社で神紋のシールを購入して張り付けるというものです。

最近はこの東国三社守りが人気のようで、売り切れている場合もあるようですよ。

息栖神社のアクセス

息栖神社は車じゃないと訪れるのはちょっと難しいようです。

〈東京駅から高速バス利用の場合〉
「かしま号」で1時間30分「鹿島セントラルホテル」下車、タクシーで5分または徒歩30分

〈電車)
JR総武線(成田廻り)小見川駅からタクシーで10分
JR鹿島線 鹿島神宮駅もしくは潮来駅からタクシーで20分

〈車〉
東関東自動車道 潮来ICより15分、佐原・香取ICより20分

鹿島神宮、香取神宮とはそれぞれ車で20分程度の距離なので、ここはやはり東国三社を回りたいものです。関東屈指のパワースポットと言われる東国三社・息栖神社を訪れて、もっともっと幸せになりましょう・・・。

【鹿島神宮の記事はこちらです】

【香取神宮の記事はこちらです】



スポンサードリンク






Pagetop