開運 GOoD FORTUNE ☆ 幸せがいっぱい ☆


  • 美味しいものを食べてハッピーに・・・

スポンサードリンク




【柑橘】甘夏と夏みかんは違うの?黄金柑と湘南ゴールドは?美生柑と河内晩柑は?

柑橘と言うと愛媛や和歌山を思い浮かべますが、東海地区も意外と柑橘類を作ってるんですね。神奈川に住む知人から届いた段ボールの中にはレモン、ゴールデンオレンジ、セミノール、紅甘夏が入っていました。

【柑橘】セミノール

見た目が一番美味しそうなセミノールから食べてみました。皮をむいている時点ですっごいジューシーで、手もお皿もテーブルまでダラダラです。

【柑橘】紅甘夏

次に紅甘夏というのを食べてみました。「紅甘夏」という名前の通り、普通の甘夏は黄色っぽいのに、みかんのようなオレンジ色でした。

で、食べてみた感想は、甘みが少なくて苦みがある、って感じかな。やっぱ夏みかんはあまり好みじゃないです。

そもそも柑橘類はそんなに好きじゃないのです。名指しでしか食べません。名指しとは、みかんなら「蜜る」。あとはせとか。そ、あっまーいのが好きなんですよ。だから夏みかんはそもそも食べないんです。

「夏みかん」なんて何十年ぶりだろう?と思ったら、「紅」はともかく、「甘夏」?ハテと。

いつから甘夏と言うようになったんだろう?昔は夏みかんだったよね。ん? そもそも同じものなのか?と、私の中でナゾが沸き起こったのです。


【柑橘】甘夏と夏みかんの違い

結果はっぴょー!

甘夏は、夏みかんの突然変異でできたらしいです。だから同じと言えば同じだし、違うと言えば違う。

少なくとも、夏みかんは甘みが少な目で酸味があり、苦みのある柑橘。甘夏は夏みかんに比べて酸味が少なく、甘みもある。そうは言っても甘みはあまりない。夏みかんに比べたら甘いということだと思います。

私はあっまーいのが好きだけど、酸味が好きという人もいるし、甘すぎるのはどうも・・・柑橘は柑橘らしく、という人もいる。好みですから各々好きなものを食べましょうといったところです。

甘夏と夏みかんについて調べていたら、ついでに他の似た柑橘についても調べたくなったので調べてみました。

【柑橘】ゴールデンオレンジ(黄金柑)と湘南ゴールド

いただいたゴールデンオレンジ、「黄金柑」ですね。ここも分かりずらいんですよねぇ。

黄金柑を英語というかカタカナ表記というか、イコールがゴールデンオレンジなわけですけど、甘夏と夏みかん的な違いなのか?とかいろいろ迷っちゃうわけです。

しかも、東海地区では「湘南ゴールド」というブランドで売っています。湘南ゴールドは正確に言うとゴールデンオレンジを大きくなるよう改良したものなので別物と言っていいのかな?

一回り大きいということなんだけど、小さい湘南ゴールドと大きなゴールデンオレンジは同じくらい、みたいな・・・。

【柑橘】和製グレープフルーツ・美生柑について

話が飛びますが「美生柑(みしょうかん)」というのは知っていますか?

和製グレープフルーツと言われているのですが、実は河内晩柑(かわうちばんかん)なんだそうですよ。ただ、商標登録されているそうで、同じものだけど「美生柑」と呼ばれているのだそうです。「松阪牛」みたいなもんですね。

和製グレープフルーツと言われていますが、グレープフルーツより酸味や苦みが少なくて食べやすいです。

私はあっまーいのが好きで食べるの限られてると言いましたが、実は黄金柑も美生柑も好きです。甘いのにあたると、結構甘いです。

でもこの二つが好きな理由は甘さではなく香り・風味ですね。別の柑橘だけど、どちらもそれぞれ何とも言えない爽やかな独特な香りがするんですね。

せとかや蜜るみかんのような甘さはないけど、上品な甘みと風味が好きで、1年に一回は食べますね。

【柑橘】まとめ

それにしても柑橘類の奥は深いですね~。というか、各地各柑橘にブランド名がついていたり突然変異が起きたりで、もうどれがどれやら同じか違うか、素人には分からないですね。

ということで柑橘類はさほど食べないと言いつつ、せとかや美生柑を取り寄せるのが楽しみです。



スポンサードリンク






Pagetop